カジノ

日本カジノ管理委員会


ジャパンカジノ
自由民主党(自民党)は常に日本での観光事業の拡大に努めてきました。自民党はこれまで、カジノの開設を支援するために多くの活動を実施してきました。カジノやギャンブルが日本での観光客数増加に繋がるとの考えからです。そして、この考え方は的を射ています。最近では、観光客がカジノやギャンブルが可能な場所へ旅行するということが分かっています。カジノやギャンブルは観光客にとっては楽しい娯楽なのです。また、人々はギャンブルをしていると感じられるアドレナリンの放出を求めています。日本のカジノ事業に話を戻すと、カジノは依然として日本の多くの地域で違法であると言えます。相撲などのスポーツ賭博が日本ではスキャンダルとなります。カジノ事業が反対される背景には、ギャンブル依存の問題があります。人々がギャンブル中毒になってしまうことを日本政府は懸念しているのです。そうなると、ギャンブル行為に歯止めをかけることが難しくなってしまうからです。他にも、船上カジノという新しいスタイルのカジノの問題もありました。2015年に統合型リゾート(IR)実施法案が国会へ提出された後、新しい観点が示されました。 カジノ合法化 – 日本では2018年に法律でカジノ事業が認められました。カジノビジネスを合法化する法案が可決されたのです。カジノサービスに課されるルールはいくつかあります。その1つは、日本人客には週3回という入場回数の上限があることです。また、6000円の入場料が発生します。これらのルールは日本人がカジノを訪れる回数を減らすことを目的として採用されました。 カジノ管理委員会 – 日本では最近、カジノ管理委員会の初会合が実施され、委員長である北村道夫氏が出席しました。この会合では、カジノビジネスに対する国民の信頼をどのように築いていくかや、統合型リゾートの運営に関するルールや規制の更新、ギャンブル依存やカジノでの犯罪を防ぐ方法などが検討されました。またこの会合では、統合型リゾートに関する注目度の高い収賄汚職事件について、最新情報が確認されました。専門チームがこの事件の調査を進めています。この事件には元大臣などが関与しているため、慎重に調査が進められます。 結論 – 日本のカジノ法には23条項しかありません。現在は統合型リゾートの開発のみに焦点が当てられた内容となっています。また、この法律では地上型カジノのみが認められており、船上カジノについては許可されていません。選定過程には2種類あります。国によるものと、地方自治体によるものです。カジノを開設するためには国と地方自治体の両方から許可を得る必要があります。日本では2020年1月7日にカジノ管理委員会が発足されました。この委員会の目的は統合型リゾート事業を整備し監督することです。この委員会の機能としては、カジノ運営の認可、統合型リゾートの監督、必要に応じて認可の取り下げなどがあります。また、カジノ管理委員会の役割には、規則に反する事業者に対する罰則の決定も含まれています。この委員会の極めて重要な機能の1つには、調査を実施し、今後必要になる場合に備えて報告書を作成することが挙げられます。委員長は北村道夫氏です。